[PR]

 東芝は、2020年から始める米国の液化天然ガス(LNG)販売事業を売却する方針を固めた。需要の低迷で不採算が確実視されており、経営危機脱却後の主要課題の一つだった。売却にともなって損失が出る可能性もあるが、「負の遺産」の処理を優先させる。

 関係者によると、東芝はすでに売却に向けた手続きに着手した。中国企業などが候補とみられ、今秋にも売却先を決め、年内に契約を結ぶ予定だ。

 東芝がこの事業に乗り出したの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら