[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会で、春夏通じて初出場の三重代表・白山は11日の第4試合(午後3時半開始予定)で、愛工大名電(西愛知)との初戦を迎える。学校のある津市白山町は山あいにある人口約1万1千人の町。決戦を控えた11日午前、生徒や地域住民ら約2千人の大応援団がバスに分乗し、甲子園球場へ出発した。

 白山町内の2カ所から出発した計50台のバスは午前10時半ごろ、三重県伊賀市のドライブインに集結。停車中の車内では、スクールカラーの緑をあしらった応援グッズが配られた。

 白山高の近くに住む中島隆さん(74)は「甲子園出場が決まってから今日まで首を長くして待っていた。地元だけでなく他県にも応援してくれている人が多い。大きな声で応援したい」と意気込んだ。

 学校が用意した応援バスとは別に、甲子園に向かう人たちも。

 白山OBも多い地元の建築資材会社は自前でバスを1台チャーターし、社員やその家族ら約30人が観戦に向かった。

 会社は白山高校に弓道場や砂場の砂利を納入するなどつながりがある。副社長の松田良平さん(27)によると、野球部の東拓司監督(40)からは昨秋、「甲子園と同じ土がほしい」と相談があったという。

 貸し切りバスを用意したのは、「その分学校が用意するバスに余裕が生まれ、ほかの地元の人が乗れるから」(松田さん)。ところが、学校が販売を受け付けたスタンド席のチケットが早々に売り切れ、肝心の観戦が危うくなる事態に。11日は先発隊が未明から甲子園に乗り込み、無事に全員分の当日券を確保した。

 先発隊として並んだ松田さんはチケットを受け取った時、思わず「よかった…」と漏らしたという。「今日は全力で声をからしたい。でも、その前にちょっと一息つきたいですね」と話した。(村井隼人、里見稔)