[PR]

 日本銀行の大規模な金融緩和による超低金利が地方銀行を直撃している。全国の地銀を対象にした朝日新聞のアンケートで、回答した銀行の8割が緩和の悪影響を懸念しているとした。人口減など以前からの課題に加え、「アベノミクス」による大規模緩和の超低金利が5年以上続き、貸出収益が低迷している。店舗や人員削減を検討する銀行も目立ち、地域経済への影響も深刻化しかねない。

 アンケートは7月、全国の地銀104行に実施し90行から回答を得た。今後の経営の懸念材料(複数回答)については、「日銀の金融緩和の長期化」を選んだのは75行で最も多く、「地域の人口減少」(73行)や「収益力向上の難しさ」(46行)を上回った。

 全国銀行協会によると、地銀1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら