[PR]

(11日、高校野球 八戸学院光星9―8明石商)

 一塁手のミットにボールが収まるのを見届け、八戸学院光星の右腕・中村は前かがみで拳を握った。地元兵庫の明石商の応援が多いなか、同点の八回から厳しい3回を無失点に封じた。

 2年前の甲子園2回戦、光星は東邦(愛知)に最大7点のリードを返され、サヨナラ負けした。甲子園はときに判官びいきになる。東邦への大歓声を当時スタンドで見た中村は「怖いところだと思った」。この日も最大6点差を追いつかれる。ただ、中村は崩れなかった。「大歓声は自分への応援と思って力に変えた」。根気強く外角へボールを集め、3回を無安打。1点リードした十回は三者凡退で守り切った。

 勝ちたい理由もあった。仲井監督は試合後、報道陣に闘病中だった2年生部員が2日前に亡くなったことを明かした。「チーム全員が仲間を思って戦いました」と中村。これで出場8大会連続で初戦突破。今夏も光星は甲子園を沸かせる存在だ。(坂名信行)

4番東が2本塁打

 八戸学院光星を勢いづけたのは、4番東の本塁打だった。一回、2死三塁から右翼席へ先制の2ラン。2点差に詰め寄られた後の五回は先頭打者で左翼席へソロを放った。打った球は覚えていない。「無意識にガッツポーズが出て、気がついたらベンチにいました」と笑う。「でも、九回に三振。あれはだめ。2本で満足せずに、次もしっかり役割を果たしたい」と表情を引き締めた。

 ○近藤(八) 4安打の1番打者は「ヒットで勢いをつけられた。甘い球は、全力で打とうと思った」。打率5割以上を残した青森大会から好調を維持。