[PR]

 拘置所や刑務所の医師ががんを見落としたために治療が遅れたとして、出所後に死亡した元受刑者の男性(当時62)の遺族が国に7375万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁で和解が成立した。7月27日付。遺族への見舞金として国が500万円を支払う。

 訴状などによると、男性は2008年、窃盗などの罪で懲役3年8カ月の判決を受け、09年に確定した。

 男性は大阪拘置所に収容中の09年1~2月、耳の違和感を訴えてCT検査を受けたが医師は「問題なし」と診断。京都刑務所で受刑中の11年5月以降には耳が聞こえにくくなり出血もあったが、痛み止めが処方される程度だった。12年1月、外部の病院の検査で耳下腺がんが見つかった。

 12年3月、八王子医療刑務所…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら