[PR]

 第59回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の中学校A編成の部(50人以内)と高校B編成の部(30人以内)が11日、浜松市のアクトシティ浜松と富士市文化会館ロゼシアターで開かれた。最優秀賞の朝日新聞社賞・県知事賞には浜松市立開成中と浜松日体高、県教育長賞には浜松市立南部中と静岡農高、中学校文化連盟会長賞には浜松市立天竜中と浜松市立南陽中が選ばれた。この中学校4校と金賞の浜松修学舎高も加えた高校3校が、25、26日に名古屋市と富士市で行われる東海大会に出場する。

「昨年の分の思いも込めた」

 浜松市立開成中は7年連続の県代表。昨年の東海大会では、5年連続での全国大会出場を逃した。沖田祐依部長(3年)は「昨年の先輩たちの分も熱い思いを込め、音程や響きに注意して演奏したい」。

 同市立南陽中はA編成では東海…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら