[PR]

 5~6日の豪雨で大きな被害を受けた山形県戸沢村で11日、被災地の片付けや家の掃除などを助けるボランティア活動が始まった。県内各地から中学・高校生や自治体職員、労働組合員など、村の見通しを大きく上回る112人が駆けつけた。

 停電で排水ポンプが動かず、床上浸水の被害も出た蔵岡地区では、家屋や墓地からの泥の搬出や、浸水で泥につかった家財の洗浄などを手伝った。

 墓地に泥水が流れ込んだ長林寺で泥の搬出作業に参加した戸沢中3年の芳賀愛香さん(14)は「同じ村の人間として災害の実態を知りたいし、被災した人の役にも立ちたかった」と参加動機を語った。

 新庄南高野球部からは顧問、部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら