[PR]

 自民党総裁選をめぐり、安倍晋三首相は11日、「6年前総裁選に出たときの志は、みじんも変わるところがない」と述べ、3選に強い意欲を示した。相次ぐ派閥の首相支持表明や地方議員の囲い込みで、対抗する石破茂・元幹事長を追い込むが、参院選を見据えた攻防も続く。

首相公邸に地方議員、会合重ねて

 山口市内のホテルで催された「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」。首相は妻の昭恵氏とともに出席し、憲法改正について、「大きな責任を持っている」と強調した。来賓からは「あと3年よろしくお願いします」など3選を前提にしたあいさつが続いた。

 自民党内では大半の派閥が首相…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら