[PR]

 日中平和友好条約の調印からちょうど40年となる12日、安倍晋三首相と中国の李克強(リーコーチアン)首相が祝電を交換した。安倍首相は「年内に貴国を訪問し、有益な意見交換ができることを楽しみにしている」と訪中に意欲をみせた。李首相は「早期にお会いすることを楽しみにしている」とした。

 祝電は同条約締結30周年の2008年にも、当時の首脳同士が交換している。

 今回の祝電で、安倍首相は「日中は地域や世界の平和と繁栄に大きな責任を共有している」とし、「手を携えて協力を深め、国際社会が直面する諸課題の解決に貢献し、期待に応えていきたい」と呼びかけた。李首相は「(5月に)日本を公式訪問し、日中関係を再び正常な発展の軌道に戻すことができた」と評価。「意見の相違を適切にコントロールし、長期的で健全かつ安定した発展を推進していく所存だ」とした。(鬼原民幸)