[PR]

 日本航空のジャンボ機が1985年に墜落し、520人が犠牲になった事故は12日、発生から33年を迎えた。墜落現場となった群馬県上野村の御巣鷹(おすたか)の尾根には早朝から遺族や関係者が集まり、山道を登った。尾根の斜面に点在する犠牲者の墓標や、「昇魂之碑(しょうこんのひ)」の前で手を合わせた。

 夕方にはふもとの「慰霊の園」で追悼式が予定され、遺族らは墜落時刻の午後6時56分にあわせ、ろうそくに火をともし、祈りを捧げる。