[PR]

 12日午前9時ごろ、島根県大田市五十猛町の国道9号で、トラックが広島県三次市甲奴町の中学2年、永井陸さん(13)と、友人の中学2年、宮林優斗さん(13)をはねた。永井さんは胸を打ち死亡、宮林さんは足や腕の骨を折る重傷。

 大田署はトラックを運転していた大田市久手町波根西の食品会社員、荻野光隆容疑者(34)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を過失運転致死傷に切り替えて事故原因を調べている。

 大田署によると、現場は片側1車線の直線。荻野容疑者の1・5トントラックが、前方に停車していた軽自動車を避けようと左側にハンドルを切り、路側帯にいた中学生2人に衝突したとみられるという。永井さんと宮林さんは、三次市の中学に通う友人同士で、お互いの家族と近くの海に遊びに来ていたという。(市野塊)