[PR]

 群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が同県中之条町の山林に墜落した事故で、県警は12日、死亡が確認された乗員9人のうち3人の身元が新たに判明したと発表した。これで9人全員の身元が明らかになった。

 県警によると、新たに身元がわかった3人は吾妻広域消防本部の塩原英俊さん(42)、県防災航空隊長の小沢訓(さとし)さん(44)、県防災航空隊の整備士・沢口進さん(60)。