[PR]

 熊本県上天草市沖の有明海に浮かぶ湯島。「猫の島」として知られる離島にカフェをオープンし、島の活性化につなげようというプロジェクトを、熊本大大学院の学生らが進めている。インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)で支援を呼びかけ、「来年3月にオープンしたい」と意気込んでいる。

 周囲約4キロの湯島は天草上島と長崎県の島原半島のほぼ中間に位置し、300人余りが暮らす。観光客は増えているが、観光客を受け入れる場所が不足しているとして、熊本大の田中智之教授と研究室の学生ら約20人が、湯島の魅力を発信する「ねころびカフェ」を開設しようと取り組んでいる。

 学生らは約5年前から湯島を訪れ、空き家を利用した地域活性化を模索してきた。研究活動の停滞期もあったが、昨年1月に莟(つぼみ)和宏さん(34)が地域おこし協力隊員として島で活動を始めたのをきっかけに再び活発化した。

 昨年8月には、住民の意識やニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら