【動画】ワシントンのホワイトハウス前で集会を開いた白人至上主義団体のメンバーたち=杉山正撮影
[PR]

 米ワシントンのホワイトハウス前で12日、白人至上主義団体が集会を開いた。参加者は15人ほど。これに対し、団体の主張を許さない反対派は数千人が集まり、圧倒的な数で米国の多様性を訴えた形になった。米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突し1人が死亡した事件から1年を迎えたことをとらえて開かれた。

 米国社会の分断が進む中、白人至上主義団体にはホワイトハウス前での集会で、自らの存在感を誇示する狙いがあった。両者が接触しないよう警官隊が団体側を囲み、衝突はなかった。

 集会の主催者のジェイソン・ケスラー氏は「白人は偉大だ。白人は米国で少数派になってきており、大きな差別に直面している。他の人種のように白人にも立ち上がる権利がある」と主張し、「私は言論の自由の絶対主義者だ」とした。団体側は鯨などの写真とともに「白人種が絶滅危機」と書かれたプラカードを掲げた。

 団体側は米国が多様化することで白人固有の文化や伝統が侵食されているとの主張だ。参加したダニエルと名乗ったバージニア州の男子高校生(17)は「ネットではたくさん活動をしたが、現実の行動をしたいと考えた」と参加理由を話し、「人は似たもの同士が一緒にいるべきだ。それが公平だ。黒人はアフリカに行けば良い」と言い放った。ホワイトハウスに向かって「トランプ大統領、ありがとう」と手を振る参加者もいた。

 これに対し反対派は「恥を知れ」などと抗議、ワシントンの地下鉄の駅からホワイトハウスまで約30分行進した。「ナチス」「差別主義にNO」などと書いたプラカードを掲げた。「人種にしがみつくな、弱虫!」「街から出て行け!」と声を張り上げた。

 「トランプにノー、(白人至上…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら