[PR]

(13日、高校野球 大阪桐蔭10―4沖学園)

 沖学園が、春の選抜王者を相手に長打力を見せつけた。1点を追う五回、大阪桐蔭・根尾の140キロ超の直球を、6番森島がはじき返す。左翼ポール直撃の同点本塁打。5点を追う八回には1番阿部が、左翼席へソロ本塁打を運んだ。

 6点差で打ち負けたが、阿部は「高校ナンバー1といってもいい投手から(チームで本塁打を)2本も打てた。いいゲームだった」と誇った。初出場での挑戦は2回戦で終わったが、大会屈指の右腕にも臆せずに立ち向かい、2試合で24安打。チームの色を全国に知らしめることはできた。