[PR]

 3連勝中のJ2大分トリニータ。チーム内に「化学反応」を起こす起爆剤の台頭こそが好調の要因だ。出場機会の少なかった岩田智輝、前田凌佑らが先発に名を連ね、途中交代を含め、試合に出た選手が結果を出した。2試合連続の4ゴール。2位に浮上した。

 システムを3―4―3から3―5―2に変更したことは一理ある。中盤を増やし、運動量の豊富な選手が多くなったことで、結果的にチーム全体としてポゼッション(ボール支配)できることが、以前と比べて大きく変わったところだ。高い位置でボールを回せるから得点になりやすい。

 もともとコツコツと積み上げることが得意だったチームだ。特徴である3、4人が連動してダイレクトでパスをつなぎ、テクニックを駆使して、ボディーブローのようにじわじわ組み立てる今の攻め方は理にかなっている。片野坂知宏監督の目指すサッカーに近づいているように思える。

 もちろん課題はある。例えばミ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも