[PR]

狛猫ばらずし

 丹後地方で、婚礼やお祭りの際に出てくる「丹後ばらずし」。祝いの席のもてなしに欠かせない郷土料理だ。すし飯の上に、甘辛く煮付けたサバのおぼろ、錦糸(きんし)卵、紅ショウガ、かまぼこや季節の野菜を彩りよく散らす。すし飯におぼろを挟み、サンドイッチのようになったものも。

 地域や家庭によって作り方はさまざま。それぞれのこだわりがあり、「丹後人のソウルフード」と言えそうだ。日本遺産「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」の構成文化財にも認定された。

 この郷土料理を地域の文化財と結びつけて新しい「名物」を作ったのが、プラザホテル吉翠苑(きっすいえん)(京丹後市峰山町杉谷)のおかみ、田中智子さん(62)だ。

 峰山町内にある金刀比羅神社で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも