[PR]

 三重県鈴鹿市稲生塩屋1丁目の解体作業員横山麗輝(よしき)さん(25)の遺体を遺棄したとして、妻の富士子容疑者(46)と、その交際相手の会社員上山真生容疑者(29)=同市住吉2丁目=が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、県警は勾留期限の15日にも、2人を殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、2人は共謀し、5月13日早朝、同市内にある富士子容疑者の経営するスナックで、麗輝さんの首を電気コードで絞め、殺害した疑いがある。死因は窒息死だった。

 麗輝さんは13日未明、スナックを訪れたが、その後、店を出た様子はなかった。遺体のこめかみに傷があり、スナックの2階からは麗輝さんの血痕が見つかった。13日午前5時ごろ、スナック駐車場で、何者かが麗輝さんの車に荷物を運ぶ防犯カメラの映像も確認されていた。麗輝さんは自宅駐車場の車内で電気コードを首に巻かれたまま見つかったが、県警は2人の認否を明らかにしていない。麗輝さんと富士子容疑者の間には離婚話も出ていたという。

 こうした状況から、県警は富士子容疑者と上山容疑者が麗輝さんの殺害事件に関与した疑いがあるとみている。