[PR]

 8月11日の「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)が「浜崎あゆみデビュー20周年スペシャル」だと知り、リアルタイムで見せていただきました。私と浜崎あゆみさん(以下、あゆ)との“関係”は後ほど記させていただくとして……。

 テレビ番組に「出る」と知って、多くの視聴者の皆さんが見たり録画をしたりする……。つまり、チャンネルを留まらせる歌手というのが、いま、どれだけいるだろうなぁと考えると、そうはいないのではないでしょうか。そもそも、歌番組の毎分視聴率というのは、もうずいぶん前から歌の部分が下がってしまう傾向にあり、合間のトーク部分が逆に上がるものなのですが、あゆは間違いなく、歌でもトークでもチャンネルが留まる代表的存在だと私には思えます。

 フジ系では「FNS歌謡祭」や「FNSうたの夏まつり」などでトリを務めている印象が強いあゆですが、「MUSIC FAIR」出演は9年ぶりだったとのこと。くだんの特番でも共演しているものの、同番組の司会者になって日の浅い軽部真一アナや、仲間由紀恵さんの産休によるピンチヒッターである加藤綾子アナには、終始、緊張感がただよっていたように見えました。それほど、あゆには大物感や貫禄があるということです。

 私はバラエティー専門放送作家ゆえ、歌手・浜崎あゆみをゲストにお迎えした番組は、たった一本。「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)でした。

 当然のことながら、リリースのタイミングで出ていただいたため、事務所のスタッフ、レコード会社の関係者、出版関係者、スタイリストさん、メイクさん、さらに“愛犬担当”など、お付きの方が18人! 番組デスクの女性が慌ててスタッフさん用の控室をもう1部屋、とったほどでした。

 番組中のあゆは、実にサービス精神旺盛で、持ち物や愛車についての詳細な説明、御自宅の様子などを包み隠さず話してくれて、明石家さんまさん以下、一般女性20人は驚きすぎて笑ってしまうほどでした。でも、そのエピソードのすべてが男前でかっこよくて、当時既に、そういう話をテレビでしてくださる芸能人というのが激減していただけに、番組スタッフの一人として、本当にありがたかったことを覚えています。

 あゆと大勢のスタッフさんの様子は、「HEY!HEY!HEY!」(フジ系)でも見たことがあります。ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さんとあゆがトークをするスタジオの客席を、あゆのスタッフさんが埋め尽くしていたのです。確か、“ヒョウ柄”縛りがあって、スタッフさんが全員、何らかのカタチでヒョウ柄のモノを身に着けていたような……。

 その際、あゆが一声かけて、全員がリアクションをする瞬間があったのですが、そのときのあゆもしびれるほどカッコよくて、「歌姫」というより「社長」感がただよっていたものです。

 恋愛や結婚のニュースが少なくない女性だけに、「女」っぽさについて報道されることも多いあゆですが、私は彼女は「男」だと思う。それは、ずいぶん前、松田聖子さんに抱いた感情と酷似しています。

 聖子さんはかつて、スキャンダ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも