[PR]

 13日午後4時半ごろ、福岡県大野城市下大利団地の御笠川で、川遊びをしていた小学生が流されたと110番通報があった。

 県警春日署によると、駆けつけた消防隊員が川底に沈んでいた小学生を見つけ、病院に運んだが、約1時間後に死亡が確認された。

 亡くなったのは近くの小学2年生、山本小晴さん(7)。山本さんは中学1年の姉と、友人の小学6年生の計3人で遊びに来ていた。2人の話を聞いた通行人が通報したという。

 現場付近の御笠川は川幅約30メートルで、大規模な団地に沿って流れている。3人が遊んでいたのは山本さんがみつかった地点の約50メートル上流で、水深50センチ程度の浅瀬だったらしい。