[PR]

 18日に開会式を迎えるジャカルタ・アジア大会に出場する日本選手団の本隊が14日、現地入りした。ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港に到着した山下泰裕団長は「いよいよ戦いが始まる、という思い。若い力も育ってきている。(2年後の)東京五輪に向けて現状を把握したい」と話した。14日午後は男女のバレーボールやホッケーなどの選手ら約130人がジャカルタ入り。バレーボール女子で初出場の黒後愛(20)=東レ=は「どんな相手がきても自分たちのバレーをするだけ。勝ちにこだわりたい」と語った。