[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第11日、2回戦4試合が行われる。第4試合では1回戦でともに1点差勝利を収めた龍谷大平安(京都)と八戸学院光星(青森)が対戦する。第1試合では、1回戦で16奪三振を記録した西を擁する創志学園(岡山)が下関国際(山口)と対決する。

第1試合 下関国際×創志学園

 大会屈指の右腕、創志学園の西から連打するのは難しい。下関国際は1回戦の13安打全てが単打。早いカウントでは狙い球を絞って、長打を狙うのも一手だ。

第2試合 興南×木更津総合

 木更津総合は1回戦で四死球も絡めて10得点。下位もバットを短く持ってつないでくる。興南は藤木、宮城の両左腕が無駄な走者を出さず、接戦に持ち込みたい。

第3試合 日大三×奈良大付

 1回戦で15安打16得点の日大三に対し、初出場の奈良大付は12安打で4得点。地方大会最高打率の奈良大付が甲子園の空気に慣れてくれば面白い打撃戦になりそうだ。

第4試合 龍谷大平安×八戸学院光星

 お互い1回戦は1点差勝利。3得点だった龍谷大平安は、京都大会のように強振で圧力をかけたい。八戸学院光星はミスや四球から大量失点した反省を生かせるか。

こんなニュースも