【動画】タブーなしのネット局「ホンマルラジオ」。ラジオは手段で、人との交流が目的という=上田真由美撮影
[PR]

 スポンサーは自分、というインターネット上の「ラジオ局」が盛況だという。パーソナリティーもゲストも、わざわざお金を払って話しにやってくる。なぜなのか。

 取材のきっかけは昨年12月、中村彰さん(70)=大阪府茨木市=との出会いだった。元地方紙の新聞記者で、女性解放運動のウーマンリブと対となる「メンズリブ」を唱えてジェンダーの運動を30年以上続けてきた。定年後の男性の生きづらさについて考えを聞こうと訪ねると、中村さんはちょっと照れながら「こんなこともやっているんですよ」ともう1枚の名刺をくれた。

 「絶倫戎(ぜつりんえびす)」

 「ホンマルラジオ」というインターネットラジオ局で、最年長のパーソナリティーなのだという。これまで、風俗を業とする女性、性教育に取り組む産婦人科医、不倫カウンセラーらをゲストに招き、ともに出資して、30分の番組を作ってきたそうだ。

■「性って欠かせ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら