[PR]

 携帯電話大手のNTTドコモが運営するネット通販サイトが不正アクセスを受け、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」が不正に購入される被害が未遂も含めて約1千件確認されたことがドコモへの取材でわかった。同社は新たな不正侵入対策を施すと同時に、近く警視庁に被害届を提出するという。

 不正アクセスを受けたのは、スマートフォンや交換用バッテリーなどを販売する「ドコモオンラインショップ」(会員数約5300万)。ドコモによると、他人のIDとパスワードを入手した何者かが不正にログインし、iPhoneX(サイトでの販売価格約14万4千円)を購入、IDの持ち主の自宅とは異なる場所を発送先に指定していたという。

 ドコモは8月5日に顧客から相談を受け把握し、調査したところ、7月下旬以降、約1千件のIDで約1千台のiPhoneXの不正購入の手続きが取られていたことがわかった。不正アクセスを受けたIDのアカウントはいずれも、ログイン時に毎回、別の暗証コードの入力が求められる「2要素認証」を設定していなかった。同社は特に事情がない場合をのぞき、設定するよう呼びかけている。

 オンラインショップには不正侵…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら