[PR]

 環境省は14日、2011年の東京電力福島第一原発事故後に福島県内から送付され、省内で保管していた放射性物質で汚染された土など約10キロを紛失した、と発表した。職員間の引き継ぎが不十分で、誤って廃棄した可能性が高いという。汚染土による健康への影響はないとしている。

 環境省によると、汚染土などは11年11月、2度にわたり福島市内から東京都千代田区の同省に届いた。いずれも小型の段ボール箱に入っていた。放射線量は毎時0・6マイクロシーベルト以下にとどまり、省内のスチール製収納ケース内に施錠した上で保管していた。

 今月上旬、報道機関からの問い合わせを受けて所在を確かめたところ、紛失していたことが判明。その後の調査で、ケース内に汚染土があることを知らない環境省の職員が今年1月に廃棄処分を業者に委託し、持ち出されて処分された可能性が高まったという。

 この汚染土を巡っては、送付当時に担当職員が自宅に持ち帰り、近くの空き地に廃棄した問題が発覚し、直後に回収した経緯がある。

 放射性物質で汚染された土は、最終的な処分方法がまだ決まっていない。除染について定めた法令では「みだりに捨ててはならない」とされており、環境省は所有者に適切な保管を求めている立場だ。

 環境省は「不適切な管理により誤廃棄の可能性が生じたことは、弁解の余地がない」と謝罪。再発防止策や関係職員の処分などを検討するという。(川村剛志)