[PR]

 人工呼吸器やたんの吸引などを日常的に必要とする「医療的ケア児」について知ってもらおうと、元NHKアナウンサーの内多勝康さん(55)が「『医療的ケア』の必要な子どもたち」を出版した。「医療や福祉に接点のなかった人にも関心を持ってもらい、社会で支える問題だと意識してもらえれば」と話している。

 内多さんは2016年にNHKを退職。その年、国立成育医療研究センター(東京)にできた医療的ケア児と家族用の短期入所施設「もみじの家」のハウスマネージャーに就いた。

 医療的ケア児や家族が抱える問題や、子どもたちを支える法律や制度などについて記した。慣れないパソコン作業に戸惑ったり、出来なかったことが出来て大喜びしたり。転身し、新たな場で奮闘する自身の日々もつづられている。

 アナウンサー魂も時折、顔をの…

この記事は有料会員記事です。残り304文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら