[PR]

 台風15号は15日午前3時ごろに宮崎県日向市付近に上陸し、九州を北上した。気象庁の発表によると午前9時時点で、福岡市の北西約50キロを時速35キロの速さで北西へ進行。中心気圧は1004ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側170キロ以内と西側60キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いている。同庁は午前5時過ぎに福岡市や北九州市などで暴風警報や波浪注意報を出した。

 九州や四国地方では15日昼過ぎにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みだという。16日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで四国地方が200ミリ、九州南部が180ミリ、九州北部は120ミリ、中国地方は80ミリ。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫(はんらん)に警戒するよう呼びかけている。