[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日午前、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の式典で演説した。9月に平壌で行う北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談に言及し、「朝鮮半島の完全な非核化とともに、終戦宣言や平和協定に至るために大胆な一歩を踏み出す」と表明。南北関係を発展させ、非核化を促す原動力にすると語った。

 韓国の歴代大統領は光復節演説で、歴史認識をめぐる日本政府の対応について批判的に言及してきたが、今回の演説ではそうした表現はなかった。前日に国の記念日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」(慰安婦の日)の式典でも演説したことに加え、今は南北の対話路線に力を注ぎたいとの考えがあるとみられる。

 文氏は演説で南北関係の展望について、「南北間に平和を定着させ、自由に行き来し、一つの経済共同体を成すこと」を目標に掲げた。目玉事業として、軍事境界線付近で分断されている南北の鉄道を連結し、さらに中国やロシアなどと直結させる「東アジア鉄道共同体」構想を提案した。

 南北関係発展の前提となる米朝の非核対話については、「北の完全な非核化の履行とそれに応じた米国の包括的措置が迅速に推進されてほしい」と米朝双方に注文をつけ、自らも対話を促進する主導的な役割を担うとした。

 対日関係については、米国や中国、ロシアなど各国との外交関係を説明する中で触れ、「安倍(晋三)首相とも韓日関係を未来志向的に発展させ、半島と北東アジアの平和と繁栄に向けて緊密に協力することにした」と言及。「その協力は日朝関係正常化を導くことになる」と日朝対話に期待を表明した。(ソウル=武田肇)