[PR]

 明治150年を記念した特別展「江戸から明治へ」が、愛知県日進市岩崎町の岩崎城歴史記念館で開かれている。江戸から明治時代にかけての生活スタイルの変化を紹介している。9月30日まで。

 江戸時代に尾張地方で盛んだったが明治に禁止された祭礼「馬の頭(おまんとう)」の祭具や、まげを結った人が使う専用の枕など52点が展示されている。展示を担当した学芸員の村田信彦さん(35)によると、明治政府は男性のちょんまげを否定する政策を取ったが、それまで親しんだ髪形を変えようとしない人も多くいたという。

 村田さんによると、国中で同じ時間の時計を使うなど、現代日本人の常識には、明治以降に西洋から導入されたものも多いという。「展示を通して、生活のスタイルと意識が激変した明治時代のことを知ってもらえれば」と話した。

 開館時間は午前9時~午後5時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら