【動画】入団会見で抱負を語る本田圭佑=ステファニー・ニューマン撮影
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した本田圭佑(32)が15日、オーストラリアの1部リーグ(Aリーグ)のメルボルン・ビクトリーの入団会見に臨んだ。主な発言は以下の通り。

 「(※英語で)ここに来て幸せだ。興奮している。新しい挑戦ができることがうれしい。W杯の後、引退しようと思ったが、幸運にもこのクラブが私のキャリアを変えるオファーをしてくれた」

 ――メルボルンの何に魅力を感じたか

 「(※英語で)正直に言うと、ケビン(マスカット監督)と直接話をして考えが変わった。彼は本当にクラブ、ファン、Aリーグのために成功したいと話してくれた。彼は野心のある人間で、自分もそうだ。彼に刺激を受けたことが大きかった」

 ――豪州に住むことは楽しみか

 「(※英語で)まず、豪州英語を学びたい。毎日、英語のレッスンを受けて、英語をもっと上達させたい。以前にアジア杯で来たとき、メルボルンがとても好きになった。ここで家族や友人、チームメートたちと暮らすことが楽しみだ。たくさんの(きれいな街の)景色も見た」

 ――カンボジア代表での役割について

 「(※英語で)4カ月前、カンボジアのサッカー協会に選手であると同時に、代表チームのマネジャー(監督)になれますかと尋ねたら、彼らはイエスと答えた。自分でも奇妙な質問をしたと思うが、それが自分だ。何でも自分の好きなことをする。そうしてそうなった。幸運にもメルボルン・ビクトリーも理解してくれた。責任があり、プレッシャーを感じている。ここでよいプレーをしなければいけない。この会見の後もトレーニングをしなければならない」

 ――どのように両立す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース