[PR]

 和歌山県白浜町の観光施設「アドベンチャーワールド」で、ジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれた。施設で誕生したパンダは16頭目。父親の永明(エイメイ、25歳)は人間なら70代半ばとされ、飼育下で自然交配した世界最高齢の父親パンダの記録を自ら更新した。

 施設によると赤ちゃんはメスで、14日午後10時32分に生まれた。施設での誕生は2016年9月以来約2年ぶりで、永明にとって15頭目、母親の良浜(ラウヒン、17歳)にとっては9頭目になる。

 体長は15・5センチ。体重は、施設で生まれた中で最も軽い75グラム。自力で母乳を吸うことができなかったため、飼育スタッフが保育器の中で授乳の支援をし、健康状態を見守っている。過去には84グラムで生まれた赤ちゃんが無事に育った例がある。公開時期は親子の状態を見ながら決める。4月に自然交配が確認され、7月に入って良浜に妊娠の兆候が見られていた。

 施設では中国と共同でパンダの繁殖に取り組んでおり、成長した子どもたちは順次、繁殖のために中国へ渡っている。現在、飼育展示されている子どもは2014年生まれの双子姉妹の桃浜(トウヒン)、桜浜(オウヒン)と、16年生まれのメスの結浜(ユイヒン)の3頭だ。(東孝司)