サマータイム見直し、欧州検討 パブコメ投票460万人

有料記事

パリ=疋田多揚、サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 2020年東京五輪パラリンピックの「暑さ対策」を理由として政府・与党が検討を始めたサマータイム(夏時間)。既に実施している「本家」の欧米では見直しの動きが広がっている。「健康によくない」「省エネの効果が乏しい」などの指摘が出ているためだ。欧州連合(EU)では16日まで域内市民に対する「パブリックコメント」があり、1カ月余で460万人以上が賛否を寄せた。

 EU域内全28カ国では、3月の最終日曜に時計を1時間進めて日没の時刻を遅らせ、10月の最終日曜に戻す。今回の議論のきっかけは今年1月、北欧フィンランドで夏時間に反対する署名が7万人分集まり、EUに廃止を求めたことだ。

 2月の欧州議会では、「夜間…

この記事は有料記事です。残り963文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。