[PR]

 大分県国東市と九重町で15日、夏の成人式があった。スーツやドレス姿の成人たちは、久しぶりに会う同級生と記念写真を撮ったり話し込んだり。成長した姿を見せ合い、互いに「大人」への仲間入りを祝った。両市町によると、今年度は国東市で318人(昨年度332人)、九重町で74人(同104人)が成人を迎えた。

 国東市の式典には約230人が出席した。壇上から「みなさんおめでとう」「卒業以来の顔をしっかり見せてください」など声をかけ、一人ずつ名前を読み上げたのは中学校当時の担任の先生たち。新成人たちは当時に戻ったように「ハイ」と返事し、一礼した。

 三河明史市長は「これからもみなさんの力を必要としている。ふるさと国東を忘れないでください」とエールを送った。

 新成人を代表して島根大2年の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら