[PR]

【2010年12月24日朝刊大分版】

 日出町川崎の尾畠春夫さん(71)はボランティアで由布岳の登山道を整備し始めて17年になる。月に7、8回、30~40キロの材料を担いで登っては崩れかかった路肩を直したり、階段を整えたり、案内板を設置したりしている。

 「何度も登らせてもらった山への恩返し。登山者が『おいちゃん、ありがとう』と言ってくれるのがうれしい」

 別府市で鮮魚店を営んでいた40歳の時に登山を始め、北アルプスや富士山に登り、鹿児島県の佐多岬から北海道の宗谷岬まで徒歩で縦断した。

 夢は100歳での祖母山登頂。ボランティアは「体力の続く限り続けたい」という。

こんなニュースも