[PR]

 11月の中間選挙に向けて、米東部バーモント州知事選の民主党候補を決める予備選が14日行われ、生まれた時の体と心の性別が一致しないトランスジェンダーのクリスティン・ハルクイスト氏(62)がほかの3人を破った。米メディアによると、州知事選でトランスジェンダーを公表した人が主要政党の候補になるのは米史上初という。

 ハルクイスト氏は同州の電力会社の元最高経営責任者。2015年に男性から女性に転換した。予備選では、インターネットのブロードバンド拡大による地方経済の活性化や最低賃金(時給)の15ドルへの引き上げなどを主張。14歳の男子生徒や海軍の退役軍人ら3人を退けた。

 ハルクイスト氏は米CNNのインタビューで「自分のような普段は政治に参加しない人間が、トランプ大統領の勝利を受けて一斉に目覚めており、これこそ健全な民主主義なんだと思う。数年後、『米国の民主主義は素晴らしいじゃないか。我々は死に際で生き残った』と振り返ることができると期待している」と語った。

 共和党の現職フィル・スコット知事(60)との本選は、米議会中間選挙と同じ11月6日に投開票される。(ワシントン=土佐茂生)