[PR]

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)で日没後に開かれているイルカショーが人気だ。噴き出すミストにピンクや黄色などの照明を当てた幻想的な雰囲気のなか、2頭のイルカが華麗に舞う様は、さながら絵画のよう。SNSなどでも評判になっている。

 同水族館によると、こうした日没後の野外イルカショーは東北では初めて。通常、客席との間に設けられるアクリル製の仕切りもなく、イルカが跳びはねる際の水しぶきなども迫力満点だ。栃木県日光市から家族4人で訪れた永岡真由美さん(43)は「夜にイルカショーは新鮮な感じ」、長女の望ちゃん(5)も「きれいだった。イルカもかわいかった」と話した。

 和田淳太副館長(47)は「連日の猛暑。ひとときでも涼を感じてもらえたら」。イルカショーは毎日午後7時半から。26日まで。(和田翔太)