【動画】子どもたちによる愛らしいキツネ踊りで知られる「姫島盆踊り」=寿柳聡撮影
[PR]

 子どもたちによる愛らしいキツネ踊りで知られ、国選択無形民俗文化財にも指定されている「姫島盆踊り」が14、15の両日、大分県姫島村であり、人口2千人ほどの島が計約1800人の観光客でにぎわった。

 鎌倉時代の念仏踊りから派生したと言われる伝統行事。島内7地区の子どもからお年寄りまで延べ37組が、午後7時ごろから約2時間かけて7会場を巡回。伝統的な「アヤ踊り」「猿丸太夫(さるまんだゆう)」「銭太鼓(ぜんだいこ)」のほか、ユーモラスな創作踊り「フライパン踊り」などを披露した。

 フェリー乗り場そばの会場には写真愛好家や遠方からのツアー客も陣取り、次々に現れる踊り手に喝采を送った。キツネ踊りは最後に登場。化粧をしてシッポをつけた子どもたちが、元気なかけ声とともに躍動し、観衆を魅了した。(寿柳聡)