[PR]

 米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラをめぐる混乱が広がっている。赤字が膨らむなか、最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が、非上場化の方針をツイッターで表明。株価は乱高下し、15日には米証券取引委員会(SEC)による調査が表面化した。

 「テスラを非上場化しようと考えている」。「(1株)420ドルで、資金は確保した」。カリスマ経営者として知られるマスク氏の7日のツイートに、投資家たちは戸惑った。

 重要な経営判断をツイートで表明するのは異例なうえ、「420」は米国では大麻の隠語。すぐには本気だと受け止められなかったが、その後、テスラの公式サイトが非上場化の検討を表明した。

 直近のテスラ株は340ドル前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら