[PR]

 岐阜県教育委員会は16日、県立山県高校(岐阜県山県市)の夏休みを2日間延長すると発表した。記録的な猛暑が続く中、同校の教室にエアコン設備が整っておらず、熱中症を避けるための措置としている。

 県教委学校支援課によると、同校の夏休みは7月20日から8月27日までの予定だったが、2日間延ばして同29日までとする。県内で夏休みの延長を決めた公立校は初めて。

 文部科学省は今月7日、高温時には夏休みの延長や臨時休業を検討するよう、都道府県教委などに通知していた。