[PR]

 ガストやバーミヤンといった飲食店を展開している「すかいらーくホールディングス」は16日、プラスチック製ストローの提供を2020年までに国内外の全店でやめることを明らかにした。

 大量消費が環境を汚染している、との指摘を踏まえた。コーヒーチェーンの米スターバックスが20年までに世界全店で提供をやめると発表しており、日本の外食大手もこれに続く。

 すかいらーくは、ジョナサンなども含む国内外の約3200店で、年に1億500万本のストローを消費している。まずは今年12月をめどに、ガストのドリンクバーにストローを置くのをやめる。ほかの業態にも段階的に広げていく。幼児らストローが必要な客には出すが、プラスチックを使わない代替品を検討している。