[PR]

 静岡県浜松市議会議員の新村和弘氏(47)が、議会事務局のインターネット回線から、他者に著作権のあるアダルト動画などを無断で動画販売サイトに投稿していた。新村氏が16日夜に記者会見して明らかにした。新村氏は同日、飯田末夫議長宛てに辞職願を提出した。

 会見によると、新村氏は今年2~8月、ネット上で無料で閲覧できる動画約100本を、動画販売サイトに投稿。9割がアダルト動画で、うち十数本は議会事務局の回線を使って会派控室から投稿したという。

 控室や自宅で無料動画を探し、30分~1時間に編集してサイトに投稿。1本あたり数百円に相当するポイントを得ていたという。計10万円相当のポイントを得ていたといい「もうかると知人に言われ、小遣い稼ぎのつもりでやった」と述べた。投稿には会派から支給されたパソコンが使われていた。

 投稿動画の著作権者が、作品が有料でネットに出回っているとしてプロバイダーに「投稿元のIPアドレスを開示してほしい」と通報。プロバイダーから議会事務局に連絡があり、市議会が15日、緊急の全員協議会を開いて各市議に状況を確認。16日に新村氏から申し出があった。

 新村氏は浜松市西区選出。合併前の浜名郡雄踏町議を経て浜松市議になった。4期目で、会派「創造浜松」に所属している。

 会見に同席した同会派の湖東秀隆会長は「(新村氏は)熱心に取り組んでおり、『まさか』という気持ちだった。大変申し訳なかった」と謝罪した。(宮廻潤子)