[PR]

(17日、高校野球 レジェンド始球式)

 「甲子園は形容しがたい日本一の球場。緊張して、体が言うことを聞かなかった」。金村義明さん(54)が投じた直球は指に掛かりすぎ、左に大きく外れてワンバウンド。観客からの拍手に、苦笑いした。

 1981年の第63回大会で、報徳学園(兵庫)が初めて全国制覇した時のエース。2回戦で前年覇者の横浜(神奈川)に、3回戦で荒木大輔さんを擁する早稲田実(当時・東東京)に競り勝った。京都商との決勝で、最後の打者を三振に仕留めてカエルのように跳ねながらガッツポーズした場面は、野球ファンの間でよく知られている。

 「当時は甲子園にすむ『魔物』を味方にできたんでしょう」と金村さん。東兵庫代表で今大会に出場している母校は、18日の準々決勝で済美(愛媛)と対戦する。魔物を味方にするコツは? 「この聖地から15分の、学校のグラウンドでやった苦しい練習を思い出せば大丈夫!」。後輩たちに、そうエールを送った。(松沢憲司)

こんなニュースも