[PR]

 名古屋市中区で24日にあった第6回全日本小中学生ダンスコンクール(朝日新聞社主催、キユーピー協賛)の東海大会で、三重県内からは計3チームが出場した。小学生部門・オープン参加の部の「Fairy’s」(桑名市、Fairy’s所属)と中学生部門・学校参加の部の「SERIOUS FLAVOR Jr.」(松阪市、三重中学校所属)が金賞に輝き、全国大会の出場権も得た。

 Fairy’sは初出場。小2~6年の11人で体全体を使ったチアダンスを披露した。作品名「挑戦~Challenge~」にちなみ、新しいアクロバット技にも挑んだ。年齢も身長も幅があるため、動きを合わせるのが大変だったという。「最後まで全力で踊れました。ずっと頑張ってきたので、金賞が取れてうれしい」とリーダーの河合咲暉子(さきこ)さん(12)は満足そうに話した。

     ◇

 大会の様子は朝日新聞デジタル特設ページ(http://www.asahi.com/edu/dance/)でもご覧いただけます。