[PR]

 茨城県大洗町磯浜町の水産物加工会社「カジマ」の商品「ずわいがにたっぷりコロッケ」が、富山県高岡市で6月にあった全国コロッケフェスティバルで、グランプリを受賞した。梶間桂子社長らが17日、水戸市の県庁を訪れ、大井川和彦知事に報告した。

 受賞したコロッケは、ロシア産の本ズワイガニをジャガイモの生地で包み、衣をつけて揚げた商品。1個当たり25グラムのカニを使っている。試食した大井川知事は「豪勢ですね。発想が斬新、塩気もマッチしていて、おいしい」と話した。

 フェスは5年前から毎年開催され、ご当地コロッケによる地域おこしを目指す団体が各地から集まる。6回目の今年は約3万2千人が来場し、31団体が出展。食べた人の投票で、3位までの人気コロッケを決める。

 カジマの商品は2年前、龍ケ崎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら