[PR]

 泉北高速鉄道の金色の特急「泉北ライナー」が、親会社の南海電鉄に「期限付き移籍」する。20日から9月22日まで、特急「サザン」として南海線を走る。

 金色車両はサザンと同じ12000系。米国の「ゴールドラッシュ」にあやかり、沿線の泉北ニュータウン(堺市)の活性化を願って昨年、導入された。

 「移籍」は泉北ライナーのPRが狙い。南海の担当者は「金色のサザンを見たら、ニュータウンにも目を向けてほしい」。運行時間は南海ホームページ(http://www.nankai.co.jp/traffic/info/campaign_201808.html別ウインドウで開きます)で。