[PR]

 米民間研究機関「ナショナル・セキュリティー・アーカイブ」が公表した機密解除された一連の米公文書は、米国が日本の余剰プルトニウムに対し、約40年前から深い懸念を持っていたことを示している。

 米国が核不拡散政策を推進した大きな契機は、1974年のインドの核実験だった。77年1月に誕生したカーター政権は核不拡散を掲げ、米国内での商業的な再処理の無期延期を表明。関係国に同調を呼びかけた。

 慌てたのが日本政府と電力業界だ。

 非核兵器保有国の日本は、米国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも