[PR]

 車いす生活の人らが能登半島の豊かな自然やものづくりなどを楽しみながら旅をするモニターツアー「日本で唯一! 車いす滝行&車いすで走る千里浜の旅」(石川県旅行業協会主催)が21日から始まる。車いすだからといってあきらめないで――そんなメッセージを込めたツアーに全国各地から参加者が集う。

 コーディネートしたNPO法人「石川バリアフリーツアーセンター」(金沢市)によると、10~60代の25人ほどが2泊3日のツアーに参加する。2016年から始めた企画で5人程度の少人数で開催していたが、好評で今回から人数を大幅に増やしたという。

 21日から始まるツアーでは、不動滝(中能登町)で車いすのまま滝行に挑戦したり、羽咋市と宝達志水町にまたがる千里浜海岸の「千里浜なぎさドライブウェイ」を車いすで走ったりする予定。七尾市にある和倉温泉や県能登島ガラス美術館にも立ち寄り、道の駅「織姫の里なかのと」(中能登町)ではものづくり体験も計画している。

 このツアーには、障害者が旅行…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら