[PR]

 江戸の「3大横丁」。諸説あるものの、多くは鍋屋横丁を一つに挙げる。江戸中期、妙法寺(東京都杉並区堀ノ内3丁目)が厄よけで有名になり、青梅街道には多くの参拝客が行き交った。街道沿いの休み茶屋「鍋屋」はひときわ繁盛。鍋屋横丁と呼ばれるようになった。

 鍋屋は今でいう喫茶店だ。「うまい」と評判を呼んだのが名物の草餅だった。だが、明治、大正と時が流れるにつれて店は衰退。店がいつたたまれたのか、知る人もいない。

 横丁は青梅街道から南に延びる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも