[PR]

 兵庫県加古川市の山あいのダム湖で今月11日、大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体が衣装ケースに入れられた状態で見つかった事件で、県警は18日未明に記者会見し、大阪市西区立売(いたち)堀6丁目の森翔馬容疑者(20)と、同市生野区巽北(たつみきた)4丁目の稲岡和彦容疑者(42)を死体遺棄の疑いで逮捕したと発表した。2人とも「死体遺棄はしていない」と容疑を否認しているという。県警は2人の自宅を家宅捜索した。

 捜査1課によると、2人の逮捕容疑は、11日午前8時40分ごろまでに加古川市平荘(へいそう)町の権現(ごんげん)ダムに小西さんの遺体を共謀して遺棄したというもの。森容疑者は17日夜に、稲岡容疑者は18日未明に、それぞれ自宅で逮捕された。小西さんとの関係は捜査中という。遺体は車で運ばれたとみている。

 捜査関係者によると、小西さんは事件前、自宅マンションを1人で出る様子が防犯カメラに映っており、遺体で見つかった際の服装と似ていたという。最後に姿が確認されたのは9日午前7時半ごろで、別の防犯カメラに映っていた。その後、トラブルに巻き込まれたとみられており、足取りを捜査している。

 司法解剖の結果、小西さんの死亡時刻は10日午後ごろと推定された。はっきりした死因は分からなかったが、捜査関係者によると、首に絞められたような痕があったという。

 遺体は11日朝、ダム湖の岸から数メートル沖で釣り人が見つけた。衣装ケースにはロープのようなもので複数の土囊(どのう)がくくりつけられていたが、湖底には沈んでおらず、遺体の両足がケースからはみ出していたという。

 県警は死体遺棄事件として加古川署に捜査本部を設置し、小西さんの直前の行動や交友関係を中心に捜査。現場周辺の防犯カメラなどを詳しく調べていた。

 小西さんは三重県松阪市出身。高校卒業後、歯科衛生士の専門学校に通うため昨春に大阪市に引っ越してマンションで一人暮らしをしていた。最近は接客業の仕事をしていたという。

 県警は殺人容疑も視野に、死亡した経緯についても詳しく捜査している。