[PR]

 米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が17日付の米紙インタビューで、経営者としてのプレッシャーの中で「耐えがたい」苦悩のなかにいることを告白した。米シリコンバレーを牽引(けんいん)するカリスマCEOの吐露に、米市場では衝撃が広がり、テスラ株の終値は前日比で9%近く下落した。

 マスク氏は17日付のニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、「過去1年は、私のキャリアのなかで、最も困難で苦痛な1年だった」と語り、「耐えがたいほどだった」と心情を明かした。インタビューの際、マスク氏は何度も声を詰まらせたという。

 テスラは、時価総額で米最大手のゼネラル・モーターズ(GM)を超えるなど注目の的だ。ただ、初の量産車「モデル3」の生産が遅れ、マスク氏は市場からの厳しい批判にさらされてきた。多忙さとプレッシャーとが、本人を追い込んでいることがうかがえる。

 マスク氏は今月7日に「テスラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら